読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文34『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』

感想文、アップするの約3カ月ぶりとのこと・・・

この間、まったく本を読んでいなかったわけではなく、

以前と変わらず3日に1冊くらいのペースで本は読んでおりました。

なのでストックがたくさんある、という感じでございます。

 

ただ、『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』の責了作業等に追われておりまして、なかなか記事をアップできませんでおりました(すみません)。。

 

じつは、このたび「コミュニケーション本」もつくることになりまして、

現在、読者層のリサーチや本の方向性、そして類書の研究をしております。

そんな中で出会った1冊を今日はご紹介したいと思います!

 

f:id:SIRISIRI:20160927092605j:plain

『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』

吉田尚記さん、太田出版さん)

 

著者の吉田さんは、ラジオなどに主に出演されている

現役アナウンサー。

その方が書かれたコミュニケーション本になります。

 

1~2年前かなり売れた本なのですが、

この本が売れた大きな理由にあるのが

巧妙な読者設定

だと感じました!

 

コミュニケーション本って、

それこそ五万と世の中にはあります。

だけど、そのほとんどが

コミュニケーションをうまくできるようになって出世したい!

お金を稼ぐ

といった、

いわば少し意識高い系の人向けの内容がほとんど。

 

けど、コミュニケーションで悩んでいる人って

そこでつまづいているわけではないように思います。

 

そう、コミュニケーションで悩んでいる人というのは

その多くが「コミュ障」で悩んでいるのではないでしょうか

 

この本は、そんな

コミュニケーション偏差値がきわめて低い人向け(聞こえは悪いですが)

に作られています。

 

そんなハードルの下げ方が絶妙だなと感じたのが

読者の設定として

エレベータで2人きりになったとき、

 会話をしようかしまいかどぎまぎしてしまう

という設定。

 

これ、読んだ瞬間に

「ああ、あるある!」

と思いました。

 

もう、こう思わせた瞬間、この本の勝ちですよね。

 

てなわけで、装丁もとっつきやすい、

ビジネス感を押さえたデザインになっているのだと思います。

 

実戦向きかと言われるとそこの部分は70~80点くらいですが

合間合間に喋り口調が入ってきたりして、

楽に読めるコミュニケーション本なので、

興味がある人はぜひ中を読んでみてください!

 

☆『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』

Amazonページ↓↓

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20160902093708j:plain