読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

「で、おまえは定時に帰れているのか」問題。

今週もはや金曜日。

これから土日を迎えようとしていますね。

こんな金曜日の夕方はどこかそわそわしがちで、

「飲みに行きたいな」

「明日休みだし、遊びたいな」

という気持ちの人も多いかと思います。

 

そんな中、「明日から休みだから書店さんに行ってみよう!」

という人は、どれくらいいるのでしょうか?

 

『毎日定時』が配本されてから

今日で配本からジャスト1週間。

出だしはかなり良いものの、

やはり重版がかかるまではまだまだ不安です。

 

ぜひ書店さんに立ち寄った際には、

手に取ってやっていただければ、と思います。

絶対お役に立てること、間違いなしですので!!

 

f:id:SIRISIRI:20160624154822j:plain

 

で、タイトルの件。

今回の『毎日定時』が今までつくった本の中では

わたくし自身一番内容を実践していることは以前にも書きました。

Evernoteをつかったすぐメモ術

・朝に時間をズラす時間術

・寝る前ちょっとやりたいことをやること

・「毎日思考の整理を続ける」ブログ時間術・・・・・・

そんななか、よく言われることがあります。

それは、

「で、定時に帰れてるの?」

ということ。

 

正直に答えます。

定時には帰れておりません!!!

 

作り手がこんなこと言って一気に不信感が湧いたかもですが、

なぜわたくしがこうも「定時に帰っていない」と断言できるかというと、

会社の定時を知らないからです。

(フレックス制のため、定時がないのでは、と思っております……)

 

編集という仕事に定時を設けてしまうと、

おそらく膨大な残業代を会社は支払うことになりますし、

何より”仕事が終わらない”とわたくし自身思っておりました。

そのため、あまり「定時」を意識したことがなかったのです。

 

ですが、この本を作って、

それまでと違って「時間を意識」するようになりました。

この「時間をきちんと意識する」というのが

本でも述べているように大事でして、

これができればどんどん仕事の時間は短くなっていきます。

 

『毎日定時』をつくって「時間の大切さ」を意識できるようになり、

さらに紹介しているメソッドも実践するようになった結果、

帰る時間は圧倒的に早くなりました!

 

先ほど、少し調べてみたのですが、

この本を作る前までの平均退社時間と、

いまの退社時間を比べてみると

21:30→18:30

と、なんと3時間も早く帰っていたのです!(これが「定時」かどうかはわかりませんが)

 

さらに、ボーナスの額もちょっと上がっていました。

わたくし自身、すぐさま

「早く帰って、手にするお金の量を増やす」ことができたのです!

 ほんと、『毎日定時』さまさまです♪

 

ぜひ、『毎日定時』で

来週から「早く帰りつつ仕事の成果も残す」力を手に入れてみてください!!

 

 

☆『毎日定時で帰っても給料が上がる

 時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!』amazonページ↓↓

www.amazon.co.jp

 

f:id:SIRISIRI:20160622092251j:plain

 

☆書店さまにて『毎日定時』をお買い求めいただくと

 著者さまよりプレゼントございます!!(期間限定)↓↓

www.ex-it-blog.com

 

☆U-noteさまにて『毎日定時』、お取り上げいただきました!↓↓

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村