読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文22『スゴ編。』

久しぶりの1日2回更新。

ひとつ前の記事で、

編集者とジャンルについて書きましたので、

今回は「編集者」にまつわる本を簡単に取り上げたいと思います。

f:id:SIRISIRI:20160611121947j:plain

『スゴ編。』

(編集者.jpさん、美術出版社さん)

 

わたくしが編集者になって1冊目に買った本だったと思います。

その当時、本当に右も左もわからなかったので、

「とにかく編集者とは何ぞや?」

「企画を立てるにはどうすればいいのか?」

「売れる本をつくるにはどうすれば?」

ということが知りたくて、手を伸ばした記憶があります。

 

画像は帯なしなのですが、

「なぜ彼らが作った本は売れるのか」

という帯のキャッチコピーにもすごく惹かれました。

 

内容としましては、

7人の超凄腕売れっ子編集者たちが、

彼らがつくった1冊の本を通じてそれぞれの編集観を語っていく、

というものです。

 

じつは、以前ブログで

『「本はすべて実用書」というすごい考え方』と題した記事を書きましたが、

この考え方に最初に触れさせてくれたのが、この本でした。

sirisiri.hatenablog.com

 

7人の編集者さんはそれぞれ違った考え方を持っているんだけれど、

やっぱり共通している部分があります。

そこが、「売れるために絶対必要な法則」なのではないか、

と当時まだ1冊も本を作っていなかったわたくしは思いました。

 

その絶対法則とは、

・「自分がお金を出して買おう」と思えるか

・ナンバーワンかつオンリーワンか

・悩みをしっかり解決できるか

・「悩みを解決してくれる!」とすぐにわかる本か(タイトル然り、装丁然り)

この4つだと読んだときには思いました。

 

いまはこの4つのほかにもいろいろ教わっているのですが、

それでも超大切なことだと感じています。

 

内容を詳しく書いてしまうと、

やはり7名分ありますので膨大な量になるので

ここでは控えますが、個人的には超良書でした!

 

編集者さん向けの本だとは思うのですが、

編集者がどんな思いをもって、どんな仕事をしているのか等にご興味のある方は

ぜひお読みいただければ、と思います!

本に対する考え方や見方が変わるかもしれませんよ。