読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文66『まんがでわかる 伝え方が9割』

コミュニケーション本 ビジネス本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、最近話題になっているコミュニケーション本を読みましたので、

さっそく取り上げたいと思います!

 

いつ読み始めたかというと、じつは昨日の21時から。笑

とはいえ、別に徹夜して読みふけっていたわけではありません。

24時には寝ておりました(スタンフォード式 最高の睡眠』をつくった身としても、6時間睡眠は確保したいので)

 

なぜ、それだけ早く読めたかというと、

本書がコミック版のためです。

 

じつは私、コミック版の書籍を読んだことはこれまで読んだ

ことなかったのですが、今回初めて読んでみて本当に勉強になりました!

 

f:id:SIRISIRI:20170322093336j:plain

『まんがでわかる 伝え方が9割』

(佐々木圭一さん著、大舞キリコさん作画、ダイヤモンド社さん)

 

大ヒットした、シリーズ100万部突破したあの『伝え方が9割』のコミック版。

もちろん原版の『伝え方が9割』も読みまして非常に勉強になったのですが、

そのときはまさか「この本がマンガになる」だなんて思いもしませんでした。

 

じつはビジネス書を研究していると、

この「コミック版」という分野がここ数年、非常に盛り上がりをみせています。

ただ最近の傾向として多いのは、「わかりやすい本を、コミックにする」というもの。

 

コミック版といえば、以前までは、「やや難しいとされていたものを、マンガにしてわかりやすくしましたー!!!」という売られ方が多かったように思います。

『7つの習慣』『思考は現実化する』のように)

 

しかし最近は、原版がそもそもわかりやすい本であっても、コミック版にすることで「本を読まない」層に届くようにする――

本書をはじめ、

そんな「届き方」を変えて、内容の難しさに問わず、ベストセラー本を広げていく

というのが大きな流れとしてあるように思います。

 (『マンガで人生がときめく片づけの魔法』『マンガでわかる 超一流の雑談力』など)

 

もともとの『伝え方が9割』も本当にわかりやすくて勉強になったのですが、

コミック版になったことで、ストーリーが加わって、より前のめりになって読める感じがしました。

 

主人公の五十嵐舞はとある出版社に勤め、雑誌『BB』の編集をしている女性。

この女性が「伝え方」がまずかったことで、最初にいろいろなトラブルに巻き込まれるのですが、これが本当に「あるある」で、「こういうことって、本当にあるよな!」と強く共感できました。

この、「悩み」の部分に共感できることは非常に大事で、

「自分の事、わかってくれてる」感、「この本はわかってくれている」感があることでページをめくる原動力になるような気がします。

 

そんなトラブルとは……

・仕事相手の準備が遅くて「あの~そろそろ~」と伝えようとしても、

 相手は早く動こうとしない

・デザイナーさんにデザインの変更をお願いすると、個性の強さゆえ、

「ケチをつけるのか!」と言われて、電話を切られる

・「なんで、私があの子より扱いが悪いのよ!」と大物モデルに文句をつけられ、結果雑誌の登場順を変更するはめに…

などなど、です。

 

そんな舞が偶然出会ったのが、オネエのマリア。

マリアが「伝え方の極意」を舞に伝えていく、というストーリーになっております。

 

「伝え方」の内容に関しては原版とまったく同じで

・YESをNOに変える3つの技術

・YESに変える7つの切り口

・強いコトバをつくる技術

がストーリーに沿って教えられていく、という展開です。

 

非常にわかりやすい構成で、かつ「おもしろさ」が非常にプラスされていた印象です。

 

「おもしろいし、勉強になる!」そんな理想的な本書だと思いますので、

詳しくはぜひ、お読みいただければ、と思います!!

 

 

☆続々重版決定!『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店様にて好評発売中!!

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

☆U-NOTEさんにて『スタンフォード式 最高の睡眠』取り上げていただきました!!

u-note.me

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文65『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は2009年7月に刊行され、ベストセラーになった

コミュニケーション本を取り上げたいと思います。

 

コミュニケーション本をこれからつくろうとしておりまして、

過去売れた本を随時チェックしております。

 

数年に1回、大ヒットが出ると言われている

コミュニケーション本。

この本はその中で、どんな特徴があって売れたのか、

分析してみました。

 

 

 

f:id:SIRISIRI:20170321093516j:plain

『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール』

(野口敏さん著、すばる舎さん)

 

拝見したところ、なんと50万部以上売れているとのことでした!

(すごいですね~)

 

「企画は仮タイトルが大事、本もタイトルが大事」

と思っているのですが、

タイトルをどう見せるのか、は装丁にかかっています。

 

そこでこの本のカバーをみてみると、

「誰とでも」「15分以上」よりも、

「会話がとぎれない!」の部分が非常に目立つデザインとなっていますよね。

 

ということは、この本の売りは、この「とぎれない!」の部分であって、

ここにより多くの人が共感したんだろうなー

と感じました。

 

コミュニケーション本で大事なのは、

この「悩み」や「どうなれるのか」をより具体的にすることだと思います。

 

単に、「会話がうまくなります」ではコミュニケーション本としてはボヤッとしすぎで、

「会話がとぎれない!」のように、

「ありそうでなかった」実感をともなった悩みである必要があるんじゃないかなー、と改めて感じました。

 

そういう意味では、

おそらくこの本が出る前に、

「会話が途切れない」にフォーカスした本がおそらくなかったため、

このタイトリングで受けたんだと思います。

 

 

で、肝心の中身ですが、

少し前の本ですので、割と今はよく言われていることが書かれていた印象でしたが、

逆にいうと、「今の定説はこの本スタートなのか!?」とも思いました。

 

まず大前提として、

「会話は”気持ち”のキャッチボールである」

とこの本では定義されています。

 

つまり、自分の気持ちをちょっぴりオープンにし、相手の気持ちに働きかける

ようなコミュニケーションができれば「会話は途切れない」と。

そのためのノウハウが66個書かれている、という構成でした。

 

具体的には、

・語尾は「~でしょうね」の相づち系なら会話は途切れにくくなる

・こんな「オウム返し」で、会話は返ってくる

・誰でもとっつきやすい「天気の話題」を重宝しよう

といったところが、いろんな意味で印象的でした。

(ネタバレにならないためにも、あえて大雑把に取り上げたいと思います)

 

 

 とくに、「でしょうね~」の部分は、

「なるほど~、その発想はなかったな~」と思った部分で、

早速試してみようと思います。

 

コミュニケーション本にかんしては

どんどん新しい本が出てきているので

気軽にそちらを試していただければ、と思うのですが、

もし、「どんな本が過去売れていたんだろう?」と気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

 

☆続々重版中!『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

Amazon CAPTCHA

 

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

☆U-NOTEさんにて『スタンフォード式 最高の睡眠』取り上げていただきました!!

u-note.me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文64『「週刊文春」編集長の仕事術』

ビジネス本

 こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、出たばっかりの新刊ビジネス書を取り上げたいと思います。

 

正直、書店さんで見かけたとき、

「なるほど!!その切り口があったか!!!」

と、その企画に驚きました。

 

また、出版業界にいる身としても

「ぜひ、これは読みたい!!」と強く思った1冊。

 

中身もぎっしり詰まっていて、

・編集者としての「考え方」

・社会人としての「働き方」

の面で、勉強になりました!

 

 

f:id:SIRISIRI:20170317095235j:plain

『「週刊文春」編集長の仕事術』

(新谷学さん著、ダイヤモンド社さん)

 

まず「すごいな~!!」と思ったのは、

現役の「週刊文春」の編集長の本だということ。

 

週刊文春といえばスクープ連発で、

「どうやったらあんなにスクープを取ってこれるのか」

はたしかに疑問に思っていました。

 

ただ、その誰もが感じたであろう「ふとした疑問」をすくいとって企画にし、

こうして形にした編集者さんは、本当にすごいと思います!

 

ベッキーさんの騒動や、清原氏の薬物問題、ASKAさんの問題や甘利大臣の金銭授受問題・・・・・・などなど、世の中を大きく動かした問題提起を数々している「週刊文春」。

 

この本では、「なぜ、文春はそんなにスクープを取れるのか」を軸に、

それだけ成果を上げるための人脈術企画術交渉法組織のまとめ方などが書かれています。

 

・わたしは今でも人に会うように心がけている。「人」がすべてのビジネスの始まりであり、スクープの発端である。

・みんなが「右を向いている」ときに、「左」を向けるか

・人間に「知りたい」という欲求がある限り、スクープに価値は宿り続ける。

 

等、マインドの部分で線を引いたところもあったのですが、

編集者として「すぐに取り入れたい!」と思ったところもありました。

 

それは、「見出し」「テープ録り」の部分。

 

 

・見出し・・・説明的なタイトルはよくない。できるだけ短い見出しがいい。

     見出しがすぐに浮かぶ企画が良い企画。

 

・テープ録り・・・取材が終わったからといって、相手が部屋を出るまでテープレコーダーの電源を切ってはいけない。取材後の雑談に「大きなネタ」が転がっていることもあるのだから。

 

 

この2点は、明日から即実行できること。

なので、早速実践していこうと思いました。

 

「そもそも、あんなプライベートな部分を暴いて、文春に罪の意識はないのか?」という疑問をもったこともあると思います。

そこに対して、「白くする捜査の重要性」を著者さんは語っていて、

「へええ、そうだったんだ!!」と意外に感じました。

 

世の中に「え!?そうだったの!?」を投げかけ続けている「週刊文春」。

ぜひそのヒットの裏側を、本書で覗いてみてはいかがでしょうか?

 

 

☆続々重版決定!!スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

☆「U-NOTE」さんにて『スタンフォード式 最高の睡眠』取り上げていただきました

u-note.me

 

 

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』U-NOTEさんにて取り上げていただきました!!

ビジネス本 睡眠本 自分企画

こんにちは、SIRISIRIです。

 

配本から2週間を迎えようとしている

スタンフォード式 最高の睡眠』ですが、

先日、U-NOTEさんにて取り上げていただきました!!

 

u-note.me

 

タイトルは

『世界最高の研究に裏付けされる”超一流”の眠り方』。

本の内容に沿って素敵な画像をはめ込んでいただき、

さらに本の素晴らしい要約もいただきました!

本当に嬉しく思います。

 

おかげさまで色々な方に

書評ブログやSNSでご感想等いただいているのですが

結構多くの人に書いて頂いているのが

本書の「アラームのかけ方」の部分。

 

「アラームをこうセットすると目覚めがいい」という箇所なのですが、

U-NOTEさんにうまく要約していただいていました↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アラームは「2つの時間」でセットする

 睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠のときに起きればすっきり起きられるといわれている。そして、眠りの周期は約90分サイクルであるため、「睡眠時間を90分の倍数にすればよい」という説が巷には広がっている。
 
 しかし、睡眠サイクルには個人差がある。いつレム睡眠になるかを調べるのは困難だ。そこでおすすめなのが、起きたい時間の20分前に1回目のアラームを「ごく微音で、短く」セットし、起きたい時間に普通のアラームをセットすることだ。
 
 明け方はレム睡眠の持続時間が長いので、こうして2つのアラームをセットすることで、レム睡眠のときに起きられる確率が約1.5倍になる。1回目のアラームを「ごく微音で、短く」するのは、ノンレム睡眠のときに無理やり起こされるのを防ぐためだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本当に多くの方にお読み頂いている本書。

ぜひぜひ、今後さらに広められれば、すごく嬉しいです!!

 

 

Amazon睡眠部門第1位!!スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

 

www.amazon.co.jp

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

徒然なるまま感想文63『人生がときめく片づけの魔法』

女性向け実用書 ビジネス本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、「ベストセラー読書」の一環として、

日本で140万部以上、世界でなんと700万部以上を売り上げたという

大ベストセラー本を取り上げたいと思います。

 

ジャンルは「実用本」ですが、

中身はそれを飛び越えた「自己啓発書」だと感じました。

 

だれもがぶち当たるあの問題をテーマにした本です・・・

 

f:id:SIRISIRI:20170312132934j:plain

『人生がときめく片づけの魔法』

近藤麻理恵さん著、サンマーク出版さん)

 

いまやテレビ等でもおなじみのこんまり先生。

昨年は「TIME誌が選ぶ今年の100人」にも選ばれ、世界的にブレイクされました。

 

そんな、こんまりさんの初著書、

「リバウンド率ゼロの片づけ法」を教えてくれ、

かつ「片づけをすると人生に何が起こるのか?」

「なぜ、あなたは片づけても片づけても、片付かないのか?」

といった深いところまで書かれていて、

ノウハウ本の領域を超え、大変興味深く読むことができました。

 

この本の片づけ法はいたってシンプル。

まずは残すか捨てるかをある方法をつかって決めます。

その方法とは、「触ってときめくかどうか、感じる」こと。

 

実際に触って「ときめく」なら残し、

そうでなければ「全捨て」をする。

この「ときめくかどうか」で判断する、というのは

他の片づけ本にはない特徴だと思いました。

 

また、この作業をする際も、「順番」が大事で、

「思い出品から手をつけると、進まなくなるので、

 衣類→本類→書類→小物類→思い出品、の順で決行する」

ことが重要だそうです。

 

もちろん、衣類には衣類の、本には本の捨て方や収納法があり、

詳しくは本書をお読みいただければ、と思うのですが、

片づけが必ずうまくいく「哲学」が語られているな~

というのが全編を通じての感想です。

 

・まずは「捨てる」を一気に終わらせる

・必ずものを床に並べて、触って「ときめくかどうか」判断する

書類は「全捨て」が基本

・収納の基本は「立てる」こと

・捨てる時は、「ありがとう」といって別れる

 

などなど、マインドの部分がメインで語られていて、

そこにメソッドが付随している、といっや構造でしょうか。

 

なので、読み物として大変おもしろく、

「自分に必要のない部分」がほかの実用書に比べて少ないのも

本書の特徴だと思います。

 

「片づけとは、人生に片をつけるということ」

「本当の人生は、片づけをした後に始まる」等、

人生に片づけがどう影響するのかということも、

実例を通じて書かれているので、片づけをする勇気が湧いてくる1冊です。

 

ぜひ一度読んで、片づけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「片づけとは、人生に片をつけること」と、

この本では書かれています。

 

 

 

 

Amazon睡眠部門第1位!!『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店様にて好評発売中!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

徒然なるまま感想文62『「賢い子」に育てる究極のコツ』

子育て本 ビジネス本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

本日は、久しぶりに「子育て本」を読みましたので

取り上げたいと思います。

 

昨年刊行され、10万部を突破した本書。

 

キーワードは、

「科学的」「脳」「知力」の3つだと読み取れるタイトルで、

ターゲットがしっかりと絞れている本だな~という印象でした。

 

 

f:id:SIRISIRI:20170309100818j:plain

『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える

 「賢い子」に育てる究極のコツ』

(瀧靖之さん著、文響社さん)

 

タイトルにあるとおり、

「脳の専門家が、子育てを脳科学的に分析すると、こんなことがわかりました!」

というのが本書の大すじ。

 

著者さんは東北大学加齢医学研究所の教授で、

タイトルには「16万人の脳画像を見た~」という表現で

そこが強調されています。

 

少し前、子育て本を読みあさっていたときには、

「子育て本は上から目線だと避けられる。科学的な検証はその傾向にある」的なことを感じ、そして書いておりましたが、

以前ご紹介した『最高の子育て』を読んだときにも感じたように、

「科学的検証をしたものが読みたい」層も一定はいるのだな~、と改めて感じました。

ターゲットとしては、「子どもの学力を伸ばしたい!」願望が割と強い、教育ママ的なところでしょうか。

 

sirisiri.hatenablog.com

 

本書は「どうすれば、脳が発達して、成績の良い『頭のいい子』が育つのか」

が語られているのですが、

そのキーワードとなるのが「好奇心」

「好奇心」旺盛な子に育てれば、脳は自然と発達し、

かつ論理的思考力や記憶力、語学力も上がりやすくなる

というのが著者さんの主な主張でした。

 

・好奇心を育む道具としては

「図鑑」「虫取り網」「楽器」が3種の神器

・「図鑑」があると、子育てはうんとラクになる

音楽が「英語の力」を伸ばすことは、脳科学的に証明されている

「ひとつの得意」が「いくつかの苦手」を引っ張ってくれる力が脳にはある

・暗記科目を勉強したあとに別のことをすると、途端に忘れやすくなる。

なので「論理的思考」→「暗記」という順番が大事

・「白い食材」よりも「茶色い食材」のほうが、低GIで脳には良い

 

といった点が勉強になりました。

 

脳科学的なエビデンスやデータが適度に盛り込まれているのですが」、

「子育て本」なので、非常に表現がわかりやすかったです。

 

すぐに読めると思いますので、

脳科学に興味のある人、子育て真っ最中の人は

ぜひ一度お読み頂いてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

☆話題沸騰!!スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

徒然なるまま感想文61『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』

ビジネス本 コミュニケーション本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、少し前(2010年)に刊行されたビジネス書で、

「60万部」を突破したベストセラーをご紹介したいと思います!

 

「9割」ブーム、そして「ディズニー」ブームの火付け役といってもいい本書。

 

刊行時期が少し前なので、

今は言い尽くされてることもありますが、

逆にいうと、その基礎を築いたともいえる1冊です。

 

f:id:SIRISIRI:20170307094108j:plain

 

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』

(福島文二郎さん著、中経出版さん)

 

タイトルの「9割がバイトでも~」という文言は、

ほんとうに素晴らしいネーミングだと思います。

 

「え!?そうだったの!?」「どういうこと!?気になる!!」という気持ちを

喚起させる意図がバチッとはまったネーミングなのではないでしょうか。

 

いまや、たくさんの「ディズニー×ビジネス」本が書店さんに置かれていますが、

本書はその”魁的”1冊。

著者さんはオリエンタルランドに1期生として入社し、

その後、コンサルタントとして独立された方になります。

 

本書では、「ホスピタリティ・マインド」の重要性が説かれていて、

要約すると、

「教える側にしっかりとそのマインドが植わっているから、

バイトであってもぶれずに・自主的に・適切な行動ができる」

といった内容でした。

 

印象的だったところ、メソッドとして使えそうだと感じた点としましては、

 

・ディズニーでは「叱る前にほめる」「叱った後にフォローする」

人は自分が扱われたように人を扱う。だから、ディズニーでは、先輩がゲストと同じように後輩を迎える

思いやりに行動がプラスされてはじめて、相手は感動する

・後輩にスモールステップをもたせることが重要

 

などなどでした。

 

「人材育成本」としては本当に読みやすく、

かつ基本中の基本のことが、ディズニーの例を通じて学べる構成となっております。

 

「考え方」本というのは、ややもすると「精神論」っぽく感じてしまうこともあるのですが、本書はあくまで「メソッドとしてのマインド」が語られています。

ぜひ、「すぐに、そしてこれから使えるマネジメント本」として、

1冊手元に置いておくのはいかがでしょうか。

 

 

☆続々重版決定!!スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain