読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文16『ビジネスパーソンのための快眠読本』

睡眠本

気づけば今日で5月も終わりなのですね。

本当に最近1日が過ぎていくのがあっという間で、
ものすごく会社員的なこと言うと、
「月次報告書作成せねば!」!
 
今日は、そんな5月最後の日に読んだ、
読みたてホヤホヤの本を紹介したいと思います。

f:id:SIRISIRI:20160531092825j:plain

ビジネスパーソンのための快眠読本』

(白川修一郎さん、ウェッジさん)
 
現在、睡眠本作成中なのは前々から書いているのですが、
この本もその参考になれば、という動機で購入いたしました。
 
で、まず読んだ率直な感想から。
 
これ、何の知識もなく読むときついかも……
そう思ってしまうような入口でした。
 
「良い眠りで、仕事の質アップ!!」という帯の文言が、
まさにいま進行中の企画とマッチするところもあったので
興味津々で読み進めようと思ったのですが、
まさかの難しさ……。
「難しいことを難しいまま言っている」ような印象を受け、
一般のビジネスマンがページを開くと、
「なんだかわかりづらいな」と思ってしまうかもしれません。
 
文章自体もあまり編集さんの手が入っていないような印象……。
結構、「のです」が乱発していたり、「ます」が連続したりと
気になってしまう人もいるかも知れませんね。(「です・ます」連続問題
 
ただ、「企画のためっ!!」とがんばって読み進めると、
結構大きな収穫もありました。
とくに4章「取り入れてみよう 快眠メソッド」では、
「枕の高さ」「発汗」「体温」の関係
「掛け布団」よりも「敷き布団」のほうが大事?
「口呼吸」は寝にくいらしい
・途中でトイレに行きたくて目覚めたとき、トイレから戻ってすぐに熟眠するための
 「ベッドからの出方」
「裸」で寝るより「パジャマ」着たほうが汗かかない?
などは、
新しい知識・見方も多く、
企画の参考になりました。
 
実践的かつ、意外なことが後半ちりばめられていた
という印象でした!
 
睡眠入門書としては難しいかもですが、
睡眠の知識的にも、編集技術的にも
いろいろ勉強させていただいた1冊でした!!