読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文56『「原因と結果」の経済学』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、最近(ほんとうに最近です!)発刊されました、

ベストセラー本の第2弾(?)的な位置づけの書籍をご紹介したいと思います。

 

最近また流行りだしてきた「経済学」を軸とした、

一見「賢そうな」本書。

 

読んでみて感じたのは、

「基本への立ち返り」でした。

 

f:id:SIRISIRI:20170220093601j:plain

『「原因と結果」の経済学』

(中室牧子さん&津川友介さん著、ダイヤモンド社さん)

 

 

30万部を突破したベストセラーで、

2016年ビジネス書大賞準大賞を受賞した、

『「学力」の経済学』の著者・中室さんの第2弾的な本書。

f:id:SIRISIRI:20170220093840j:plain

 

本書も、『WORK SHIFT』と同じく、

1作目とは出版社が異なるのですが

タイトル、かなり意識してつけられてます。

 

で、内容ですが、

『「学力」の経済学』の前章・プロローグともいえる

経済学やデータ分析の「基本のき」を抑えた内容で、

とっても読みやすかったです。

 

順番的には、

『「原因と結果」の経済学』

 ↓

『「学力」の経済学』

という順で読むと、より頭に入る、といった印象でした。

 

とくに、印象に残ったポイントとしては、

エビデンスとは何か?」の解説でした。

 

データや理論にのっとっていたら、

それはもう「エビデンスベースだ」と受け取られがちなのですが、

「前後関係の違いを指摘しただけのデータから導き出された結論は、

 決してエビデンスベースとはいえない」

と本書では断言します。

 

①「まったくの偶然」ではないか?

②「第3の変数」は存在していないか?

③「逆の因果関係」は存在していないか?

 

といったことを検証してクリアしなければ、

エビデンスベースにはなりえないのです。

 

本書は「本当に正しい『因果関係』の導き出し方」について、

様々なデータや事例を引き合いに出しながら検証していく内容になっています。

 

ひとつ例を出すと、

「運動している子どもは学力が高い」という通説について。

 

実際、「運動量が多い」地域に住んでいる子どもは

「成績も優秀」というデータが出ていて、

「運動→学力」という因果がなりたっているようにも見えます。

 

しかし、だからといって「賢くするために、子どもに運動をさせよう!」というのは早計で、

たとえば、「子どもに運動をさせる親は教育熱心といえる。そんな教育熱心な親に育てられた子どもは、当然学力が上がる可能性も高い」という可能性を考えなくてはいけません。

この場合、子どもにいくら「運動」をさせたところで、「成績」は伸びない可能性だってあるのです(現に、「子どもの運動量と学力に因果関係はない」という結論が本書では出されています)

 

この、「運動している子どもは学力が高い」といった、一見因果関係がありそうだけれども、「原因→結果」の関係になっていないものを「相関関係」というようで、

本書では、

「これは因果関係が本当にあるのか、相関関係なのか」を見破る術がいくつも書かれています。

 

データ分析や経済学に興味がある人、思考力を高めたいという方には

おすすめの1冊でした!

 

☆3月初旬発売予定!『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazon予約受付中!↓↓

http://amzn.to/2lqSE83

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文55『はじめての人のための3000円投資生活』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日も、昨日に引き続いて「最近のベストセラー本」をひとつ取り上げたいと思います。

 

今回もビジネス書なのですが、

そのなかでも「マネー本」である本がいますごく売れています。

それは「投資の本」

 

「投資」と聞くと、

「難しそう」

「自分には関係ない」

と思われるかもしれませんが、

そんな「抵抗のハードル」をうまく下げてクリアした本が

今、40万部を突破するほど売れているんです!

 

 

f:id:SIRISIRI:20170219225246j:plain

『はじめての人のための3000円投資生活』

(横山光昭さん著、アスコムさん)

 

私自身、これまで「マネー本」というのは読んだことがあまりなく、

とくに「株」や「投資信託」については、知識もなければ

本を読んだこともありませんでした。

 

本書は、「投資をしたことがない人向けの投資本」ではあるのですが、

本当の意味での「初心者向け」の本ではないように感じました。

 

株や投資の基礎知識を養いたい(本当の基礎の基礎から)という人は、

初心者向けの「専門書」のほうが良いかも、しれません。

 

ただ、この本の売れたところとしては、

「3000円」というハードルの低さがやはりあるように感じます。

 

本書では冒頭で、

「この本は、株や投資で『大きく稼ぐ!』ための本ではありません」

と書かれています。

 

「3000円という小さな元手で少しずつ成功していくのは

 投資で成功する秘訣」だとされていて、

「3000円なら大きな失敗はしなさそう」と読んでいて安堵感がありました。

 

そのほかにも、

・お金を貯めるカギは

 「貯金」と「投資(ちびちびの)」

・ビギナーには3000円からがちょうどいい

・保険の見直しに役立った!

・銘柄等、わかりやすく、簡単に、かつしっかり書いてあった!

 

といったメリットがあり、

じつは読んだ次の日に保険の見直しにいったのですが、

本書の知識が思わぬ形で役に立ちました。

 

そういった意味でも、

「投資したい人」はもちろん楽しめると思うのですが、

「お金に興味がある人」

「投資に興味はないけど、将来のお金には不安がある人」

にも強くおすすめできる1冊でした!

 

 

☆3月初旬発売!『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazon予約受付中!↓↓

http://amzn.to/2lqSE83

 

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

徒然なるまま感想文54『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

「最近のベストセラー本」読書を続けておりまして、

今日はその中から、読みごたえたっぷりの1冊を取り上げたいと思います。

 

翻訳書のベストセラーでして、

本文約400ページ!!

20万部を突破したこちらの書籍です!

f:id:SIRISIRI:20170219223354j:plain

『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』

(リンダ・グラットンさん&アンドリュー・スコットさん著、池村千秋さん訳、東洋経済新報社さん)

 

前著の『WORK SHIFT』もベストセラーになった著者さんですが、

・ベストセラーの第2弾は売れにくい

・共著は売れにくい

・本が分厚い

の壁を乗り越えてここまで売れているのはすごいと思います!

 

本書は、

「平均寿命が延びて”100年以上生きる”のが普通になった時代、

どう生きていくのが正しいことなのか」

を様々なデータを照らし合わせながら検証していく、

という内容になっています。

 

お金、仕事、健康、人間関係、家族…など、いろいろな場面で、

「長く生きれる」ことで今後100年、

「過ごし方がどう変わるのか」

「どう変えるべきなのか」

「どんな”これまでの当たり前”が通用しなくなるのか」

等が書かれていました。

 

これからの100年、長く生きれるということは、

「健康で過ごせる期間が長くなる」ということではあるのですが(良い側面)、

65歳で引退してからの期間が延びるということは

老後の貯え方(量)を変えなくてはいけないということになります。

 

本書では、

これからの100年では、「3ステージ」の生き方は通用しなくなる、といいます。

3ステージの人生とは、

「学習→勤労(1企業)→老後」という流れ。

しかし、これではお金の面でも精神の面でも

 これからの100年、置いていかれることになります。

 

本書の指針(貯蓄率)に合わせてお金などの「有形の財」を蓄えて準備することも大切なのですが、

「無形の財」にいかにつぎ込むか(人間関係や目には見えないスキル)がキーポイントになってくるのです。

磨かれた「無形の財」が、さらなる「有形の財」を生む――

 

そんな、これからの時代を生き抜くための考え方が書かれた、

「メソッド本」というよりは「思想本」だったという印象です。

 

はっきりいって、「わかりやすい」「端的」な本ではありませんが、

「読み応え」はたっぷりで勉強になるところはたくさんあります。

 

「AIが到来して、仕事はどうなるのか?」等、

これからの時代の働き方・過ごし方にご関心がある方は、ぜひトライしていただければ、と思います。

 

☆☆3月初旬発売『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazon予約受付中↓↓

http://amzn.to/2lqSE83

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

「睡眠本」いよいよ完成!!

こんにちは、SIRISIRIです。

 

ちょくちょく「最近こんな本をつくっております~」的な感じで

アナウンスしておりました「睡眠本」ですが、

いよいよ配本まで約1週間ちょい、となりました。

 

どんな本を作っていたかというと……

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

スタンフォード式 最高の睡眠』

 

というタイトルの本を作っておりました!!

 

どんな内容の本かといいますと、

世界的権威の睡眠研究者が初めて明かす、

究極の疲労回復と最強の覚醒を実現する

眠り方を伝える1冊になっております。

 

タイトルの「スタンフォード式~」の由来でもあるのですが、

著者の西野精治先生は、

スタンフォード大学医学部の現役教授であると同時に、

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所の所長を務められている方。

 

じつはスタンフォードの睡眠研究というのは、

数々の有名睡眠研究者を輩出していて、

「睡眠研究者は一度は在籍する」ことから

「世界最高の睡眠研究機関」と呼ばれています。

 

そんな、世界最高峰の睡眠研究のトップを務める

西野先生はまさに睡眠研究の世界的権威。

そんな先生の初著書

この『スタンフォード式 最高の睡眠』になります。

 

作成時こだわったのは、

「とにかく科学的エビデンスにこだわる!」ということ。

精神論は一切抜きの、本当に役に立つメソッドを凝縮しました。

 

睡眠に関する驚きの新事実や、

最新のスリーピングデータ満載の1冊、

ぜひぜひお読みいただければ嬉しいです!

 

Amazonさんでも予約が始まりましたので

ぜひぜひ覗いてみてくださいませ↓↓

http://amzn.to/2lqSE83

 

 

 

 

いよいよ明日、見本が出来ます!!

こんにちは、SIRISIRIです。

 

前回脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』を編集して以来、

じつはずっとある本をつくっておりました。

 

それは、「睡眠本」です。

著者の先生は、睡眠研究における世界的権威の方でして、

 

・レムとノンレムは90分周期じゃなかった!?

・夢はたくさん見たほうがよかった!?

 

など、新事実満載の、最新の睡眠研究データで裏付けられた

究極の睡眠本を目指して、なんとかたどり着けたと思っております。

そして、自分史上最高の本ができたと感じております!

 

今月末配本の予定でして、

詳しくはまた明日以降お伝えできれば、と思うのですが、

明日「見本」が上がってくる予定なのです!

f:id:SIRISIRI:20170216094726j:plain

簡単にいってしまえば、

「これまでは原稿データやカバーデータを印刷したりして別々に作業していたけれど、

 それが合体して形となる」ということ。

もっと平たくいうと

「物ができる」のが明日なのです!!

 

本をつくっていて、個人的に「楽しみ」な瞬間はいくつかあって、

・カバーのデザインを上げていただいたとき

・ずっとワード上で作業していた本文が、ゲラとなって本のレイアウトに落とし込まれたとき

・本が店頭に並んだとき……

などなどあるのですが、

この「見本ができたとき」は中でも嬉しいひととき。

 

どの企画も始めたときは

「本当に完成するんだろうか…」と不安になりながらのスタート。

その不安が消え、形となった「はじめまして」の瞬間は

本当に嬉しいものです。

 

明日の見本出来を楽しみにしながら、

見本が出来た後の準備を今日は滞りなく進めていきたく存じます。

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文53『自分を操る超集中力』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

本日は、「25万部突破!」と帯にある、

「集中」に関するベストセラー本を取り上げたいと思います。

 

2016年5月に初版発行とありますので

かなりのスピードで売れているようです。

 

脳科学や心理学的な観点から「集中力」について考察し、

かつ実践的な「集中力」を高めるためのメソッドを紹介してくれる本書。

著者は、テレビに引っ張りだこな「あの方」ですが、

「集中力」というテーマと著者が見事に組み合わさった1冊だと思いました!

 

f:id:SIRISIRI:20170214200050j:plain

『自分を変える超集中力』

(DaiGoさん著、かんき出版さん)

 

著者はテレビでも大活躍中のメンタリスト「DaiGo」さん。

DaiGoさんと「集中力」という企画テーマのかけ算が絶妙だな~、と思っておりまして、

というのも、集中力はDaiGoさんの「専門ど真ん中」かと言われると、そうではないと思えるからです。

 

よく、著者さんの専門から本の企画を考えてしまいがちなのですが、

絶妙にその専門からずらしたとき、本当におもしろい企画が生まれる、ということを耳にしたことがあります。

 

DaiGoさんは人の心を読むプロ「メンタリスト」なので、

普通であれば「人の心をどうやって動かすのか」「心を読む技術」といった企画が思いつくのですが、

そこをあえて「集中力」としたところが素晴らしいと思いました!

DaiGoさんなら、たしかに集中力高そうですし、なにか秘訣がありそう。。

そんな確かな期待感も抱ける、「良いズラシ」だからこそ、御著書のなかでも

No1の売れ行きなのではないでしょうか。

(「集中力」って、悩みはそんなに深くなくても興味ある人多そうですしね)

 

本書では、

・集中力とは一体何なのか?

・「疲労」という現象の正体

・集中力を効果的に高める科学的に正しい方法

について述べられています。

 

人の心を見抜くメンタリストさんゆえに、やはり「集中力」に関しては

人一倍気をつけているそうで、

お家の仕事部屋も「集中力を切らさない」ようなつくりになっているのだとか!

(詳しくは本書をお読みいただければ、と思います)

 

個人的に印象に残っているのは、

じつは身近なもので集中力は容易にコントロールできるということ。

 

たとえば「色味」

ぐっと集中したいときには「水色」がおすすめだと書かれていました。

 

さらに、「天井の高さ」によっても集中度合いや脳のモードが切り替わるようで、

天井が高い=創造的、クリエイティビティなモード(アイデア出しなどがGOOD)

天井が低い=集中して作業を進める(ミスチェックや原稿執筆などがGOOD)

とのことでした。

これは、本当に意外というか、「へえ~~、そうなんだ!!!」と思いました。

 

科学的エビデンスに基づいた、納得感のある本書。

「集中力を切らさないための時間配分の方法」や「疲労が劇的に取れる休み方」など、

読んだらすぐに実践出来るメソッド満載ですので、

ぜひ気軽にお読みいただければ、と思います!

 

 

 

徒然なるまま感想文52『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、昨年末に発売に鳴って、

いま「子育て」ジャンルでは一番売れているのでは、という本を取り上げたいと思います。

 

Amazonさんをみると、「発売たちまち6万部突破!」とあり、

現在は10万部突破を目指して突き進んでいる印象の本書。

 

以前、育児書を何度か取り上げたときに、

 

「子育て本のベストセラーの特徴として、

・メソッド感が前面に出ていない

・説教くさくない

・「失敗からの教訓」を伝えて、

 「味方」感を醸し出している

 

的なことを挙げましたが、

今回取り上げる本を、ある意味、その逆をいく感じといっても

よいかもしれません。

良い意味で、「自分の考え方」を見つめ直すきっかけになった1冊でした。

 

f:id:SIRISIRI:20170214093448j:plain

『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55』

(トレーシー・カチローさん著、鹿田昌美さん訳、ダイヤモンド社さん)

 

本書は「翻訳・子育て本」になっておりまして、

ジャーナリストとして最新の科学に触れてきた著者が

その知識をどうすれば「子育て」に活かせるのかを書いた1冊になっています。

 

本書がほかの本を大きく違うところといえば、

強調されているように「科学的エビデンスベース」な点でしょうか。

 

最近のビジネス書にもいえることですが、

この「科学的エビデンスにいかに基づいているか」というのが、

手に取られるひとつのハードルになっているような気がします。

 

いかに「メリットがある本」だと端的にお客さまに伝えるか――

こう考えたとき、「科学的エビデンスに基づいている」というのは手っ取り早くそう認識してもらいやすい「ひとつの手段」のように思います。

ですので、いくら良いことを言っていたとしても、

「精神論」は受け入れられがたいような……そんな市場感でしょうか。

 

本書は、子育てをそんな「科学的」に検証した本になっており、

メソッドもすごく具体的。

 

・「努力」をほめる

・「生身の相手」からしか学べないのはなぜ?

・「泣かせっぱなし」という睡眠トレーニング

・「母乳を飲む」と少しだけ頭が良くなる

・親の「もっと食べなさい!」が好き嫌いをつくる

・「ピカピカ光るおもちゃ」なんていらない

・音楽を習うと賢くなる?

 

といったことが、「なぜ『いい!』といえるのか?」

についてしっかり触れて、解説されています。

 

逆にいうと、少しウィークポイントかも、と思ったのが、

子育て本特有の「読んだあとのほっこり感」があまり感じられなかった

という点です。

 

これだけ科学的に検証されると、少し寂しいような・・・

そんな読了感でもありました。

こういった「気持ちの穴」は、本文の終盤や、「おわりに」に補完する役割を担わせることもできるのかな、と、製作側として「自分だったらこうつくったかも~」と学びながら読み終えました。

 

「科学的エビデンスの基づき方」にも善し悪しがあって、

どこまで踏み込むか、バランスをどうするか、で

読了感に変化が出ることを感じた1冊でした。

 

子育てにお悩みの方は、すべてがすべて「すぐ役に立つ!」とは言い切れないものの、きっと役に立つ要素もあると思うので、ぜひお読みいただければ、と思います!