読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文65『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール』

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は2009年7月に刊行され、ベストセラーになった

コミュニケーション本を取り上げたいと思います。

 

コミュニケーション本をこれからつくろうとしておりまして、

過去売れた本を随時チェックしております。

 

数年に1回、大ヒットが出ると言われている

コミュニケーション本。

この本はその中で、どんな特徴があって売れたのか、

分析してみました。

 

 

 

f:id:SIRISIRI:20170321093516j:plain

『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール』

(野口敏さん著、すばる舎さん)

 

拝見したところ、なんと50万部以上売れているとのことでした!

(すごいですね~)

 

「企画は仮タイトルが大事、本もタイトルが大事」

と思っているのですが、

タイトルをどう見せるのか、は装丁にかかっています。

 

そこでこの本のカバーをみてみると、

「誰とでも」「15分以上」よりも、

「会話がとぎれない!」の部分が非常に目立つデザインとなっていますよね。

 

ということは、この本の売りは、この「とぎれない!」の部分であって、

ここにより多くの人が共感したんだろうなー

と感じました。

 

コミュニケーション本で大事なのは、

この「悩み」や「どうなれるのか」をより具体的にすることだと思います。

 

単に、「会話がうまくなります」ではコミュニケーション本としてはボヤッとしすぎで、

「会話がとぎれない!」のように、

「ありそうでなかった」実感をともなった悩みである必要があるんじゃないかなー、と改めて感じました。

 

そういう意味では、

おそらくこの本が出る前に、

「会話が途切れない」にフォーカスした本がおそらくなかったため、

このタイトリングで受けたんだと思います。

 

 

で、肝心の中身ですが、

少し前の本ですので、割と今はよく言われていることが書かれていた印象でしたが、

逆にいうと、「今の定説はこの本スタートなのか!?」とも思いました。

 

まず大前提として、

「会話は”気持ち”のキャッチボールである」

とこの本では定義されています。

 

つまり、自分の気持ちをちょっぴりオープンにし、相手の気持ちに働きかける

ようなコミュニケーションができれば「会話は途切れない」と。

そのためのノウハウが66個書かれている、という構成でした。

 

具体的には、

・語尾は「~でしょうね」の相づち系なら会話は途切れにくくなる

・こんな「オウム返し」で、会話は返ってくる

・誰でもとっつきやすい「天気の話題」を重宝しよう

といったところが、いろんな意味で印象的でした。

(ネタバレにならないためにも、あえて大雑把に取り上げたいと思います)

 

 

 とくに、「でしょうね~」の部分は、

「なるほど~、その発想はなかったな~」と思った部分で、

早速試してみようと思います。

 

コミュニケーション本にかんしては

どんどん新しい本が出てきているので

気軽にそちらを試していただければ、と思うのですが、

もし、「どんな本が過去売れていたんだろう?」と気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

 

☆続々重版中!『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店さまにて好評発売中!!

Amazon CAPTCHA

 

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

☆U-NOTEさんにて『スタンフォード式 最高の睡眠』取り上げていただきました!!

u-note.me