読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文63『人生がときめく片づけの魔法』

女性向け実用書 ビジネス本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、「ベストセラー読書」の一環として、

日本で140万部以上、世界でなんと700万部以上を売り上げたという

大ベストセラー本を取り上げたいと思います。

 

ジャンルは「実用本」ですが、

中身はそれを飛び越えた「自己啓発書」だと感じました。

 

だれもがぶち当たるあの問題をテーマにした本です・・・

 

f:id:SIRISIRI:20170312132934j:plain

『人生がときめく片づけの魔法』

近藤麻理恵さん著、サンマーク出版さん)

 

いまやテレビ等でもおなじみのこんまり先生。

昨年は「TIME誌が選ぶ今年の100人」にも選ばれ、世界的にブレイクされました。

 

そんな、こんまりさんの初著書、

「リバウンド率ゼロの片づけ法」を教えてくれ、

かつ「片づけをすると人生に何が起こるのか?」

「なぜ、あなたは片づけても片づけても、片付かないのか?」

といった深いところまで書かれていて、

ノウハウ本の領域を超え、大変興味深く読むことができました。

 

この本の片づけ法はいたってシンプル。

まずは残すか捨てるかをある方法をつかって決めます。

その方法とは、「触ってときめくかどうか、感じる」こと。

 

実際に触って「ときめく」なら残し、

そうでなければ「全捨て」をする。

この「ときめくかどうか」で判断する、というのは

他の片づけ本にはない特徴だと思いました。

 

また、この作業をする際も、「順番」が大事で、

「思い出品から手をつけると、進まなくなるので、

 衣類→本類→書類→小物類→思い出品、の順で決行する」

ことが重要だそうです。

 

もちろん、衣類には衣類の、本には本の捨て方や収納法があり、

詳しくは本書をお読みいただければ、と思うのですが、

片づけが必ずうまくいく「哲学」が語られているな~

というのが全編を通じての感想です。

 

・まずは「捨てる」を一気に終わらせる

・必ずものを床に並べて、触って「ときめくかどうか」判断する

書類は「全捨て」が基本

・収納の基本は「立てる」こと

・捨てる時は、「ありがとう」といって別れる

 

などなど、マインドの部分がメインで語られていて、

そこにメソッドが付随している、といっや構造でしょうか。

 

なので、読み物として大変おもしろく、

「自分に必要のない部分」がほかの実用書に比べて少ないのも

本書の特徴だと思います。

 

「片づけとは、人生に片をつけるということ」

「本当の人生は、片づけをした後に始まる」等、

人生に片づけがどう影響するのかということも、

実例を通じて書かれているので、片づけをする勇気が湧いてくる1冊です。

 

ぜひ一度読んで、片づけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「片づけとは、人生に片をつけること」と、

この本では書かれています。

 

 

 

 

Amazon睡眠部門第1位!!『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店様にて好評発売中!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain