読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

「神経が若返る」ってどういうこと??

こんにちは、SIRISIRIです。

先週配本となりました

脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』。

f:id:SIRISIRI:20160902093708j:plain

神経クリーニング」という新しい健康法・新しいワードを

世に広めたくて企画を始めたのですが、

本当に嬉しいことに好評をいただいているとのことです!

みなさま、本当にありがとうございます。

 

新しい単語ゆえ、受け入れてもらえるかどうかが心配だったのですが

手に取って頂いた方からは嬉しいお言葉を頂戴できました!

本当に、「つくってよかった」と心から思っております。

 

「神経が若返る」ってどういうこと?

 先ほど、「神経クリーニングとは新しい健康法」と書きましたが、

神経クリーニングをすると、神経が若返っていきます。

 

じつは、あらゆる不調の原因は老いた神経にあって、

神経を若返らせることができれば、どんどん体がよみがえっていくのです。

 

では、「若い神経」と「老いた神経」とは具体的になにが違うのか・・・

それを今回は、少しご紹介したいと思います。

 

医学界注目!健康のカギを握る「ミエリン」とは

若い神経と老いた神経の違い――

それは、「ミエリン」がしっかりと巻かれているかどうか、にあります。

 

ミエリン(髄鞘ともいいます)はいま医学界注目のワードで、

下の図のように神経を飛び飛びで巻いている、「絶縁体」のようなものです。

f:id:SIRISIRI:20160926094758g:plain

脳から発せられた電気信号は神経をつたって手や足、内臓に伝わっていくのですが、

その際、このミエリンを飛び越えてジャンプするように伝わっていきます。

これを「跳躍伝導」といいまして、

ジャンプする分、早く電気信号を流すことができるんですね。

 

神経が若いと、このミエリンがしっかりと巻かれていて

指令がスピーディに、かつ正確に伝えられます。

しかし、神経が老いてしまうと、

このミエリンが破れたり、しっかり巻かれていなかったりして

指令がそこから漏れてうまく伝わりません。

f:id:SIRISIRI:20160926095342j:plain

 

 

f:id:SIRISIRI:20160926095334g:plain

 

 

恐いのは指令がうまく伝わらないことばかりでなく、

電気信号が漏れてしまうため、そこから痛みが生じたり、

内臓や筋肉がうまく機能しなくなってしまって

いろんな不調を招いてしまうということです。

 

つまり、老化した神経とは

ミエリンが破れたり途切れたりしている神経のこと。

これが、あらゆる万病のもとだったのです。

 

そんな老化した神経を復活させ、いまある神経を若く健全な状態に保つメソッドが

「神経クリーニング」です。

大変そうに思われたかもしれませんが、その方法はとっても簡単で

たった2つのことをするだけで神経はどんどん若返っていきます。

 

本書ではもっと詳しく、丁寧に解説しておりますので

ぜひ気になられた方は、チェックしてみてください!

 

☆『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』

Amazonページ↓↓

Amazon CAPTCHA