読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文25『「時間がない」から、なんでもできる!』

こんにちは、SIRISIRIです。

本日は、『毎日定時~』中に読んだ『時間術』本を1冊ご紹介したいと思います!

先日取り上げました

『あなたの1日は27時間になる。』はメソッドフルな「the 時間術本」でしたが、

今回はメソッドよりも「感情」を揺さぶる力が強い1冊を取り上げたいと思います!

f:id:SIRISIRI:20160614093147j:plain

『「時間がない」から、なんでもできる!』

(吉田穂波さん、サンマーク出版さん)

 

これまでにもいろいろ時間術本を読んできましたら、

この本はタイトル通り、時間がない人の背中を押してくれる1冊です!

 

帯にも書いてありますが、

著者の吉田さんは

日本でドクターをされていました。

3人の子育てと仕事を両立するだけでも大変なのに、

自分の目標を達成するため、アメリカに留学することを決意します。

なんとかいろいろ「時間が無いなか」で工面して留学を果たしたのですが、

アメリカで待っていたのは「もっと時間が無い」毎日だったのです――

 

と、簡単にあらすじをまとめるとこんな感じでしょうか。

 

「具体的にこうしなさい」的なメソッドの話よりも、

やはりご自身が経験されてきたことを書かれているので、

背景を思い浮かべながら読むことができ、

「背中を押してくれる時間術本」でした!

 

この本からは「感情を動かす」という部分を学ぶことができました。

「時間術本」というと、ともすればメソッドの部分を重視しすぎて、

冷たいとはいわないまでも、やはりどこか無機質な印象を受けることもしばしばです。

 

しかし、本というのは

心を温かくするのも大事な役割だと思います。

 

そういう意味では、

初めてこの本を読んだとき、

「ほかとはちがう時間術本だ!」

と思いました。

 

何かやり方を教えてくれるわけではないけれど、

とにかく前に進む勇気をくれる1冊です。