読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

徒然なるまま感想文17『あなたの人生を変える睡眠の法則』

6月に入りましたが、まだ梅雨の気配は感じられませんね。

 

むしろ、梅雨をすっとばして夏がきちゃったといわんばかりの

快晴ぶりと暑さですね。夏本番がいまから怖い……

 

じつは「6月」というのは「睡眠本」が売れる時期とされています。

なぜなら、梅雨のじめっとした感じや、夏に入っていく暑さなんかで

この時期あたりから「寝苦しい」といった睡眠の悩みが大きくなるから。

どの本も「願望を叶える」「悩みを解決する」実用書だという視点からも、

悩みが一番大きくなる時期にその悩みを解決してくれる本は一番売れるようです。

 

わたくし自身、睡眠本をつくっていることもあって

最近はもっぱら睡眠本ばかり読んでいるのですが、

今回は、最近いちばん売れた「睡眠本」を取り上げたいと思います。

わたくしも今日で2周目の読了となります。

 

f:id:SIRISIRI:20160603093123j:plain

『あなたの人生を変える睡眠の法則』

(菅原洋平さん、自由国民社さん)

 

画像では「11万部突破!」となっていますが、

わたくしが最近買ったものだと「13万部突破!」になってます。

あ、そうそう、帯にはこんな感じで売れ状況(売れてます!アピール)を入れることも多いですよね。

(「○万部突破!」「大反響!」「感動の声、続々!!」「即重版!」などなど)

 

「睡眠本をつくるからには、売れた本のリサーチをしなければ!」

 ということでまず読んで、

さらに本をつくる上での材料がぼちぼち出始めたところで

もう1度読んだ、という感じです。

 

この本は一言でいえば、

「睡眠の質を上げれば、やる気が上がる!」という本でして

「やる気を上げる」という問題解決の手段として「睡眠」がある

というのが大きな流れです。

 

で、本書の一番の特徴でもあり、肝となる部分が、

睡眠の質を上げるには3つの法則があり、それぞれ

①朝5分―光の法則

②昼5分―負債の法則

③夕方5分―体温の法則

この3つだけで、睡眠の質は向上し、やる気も上がる!

というのが本書の特徴です。

 

睡眠とやる気の関係でいえば、結構身近なところで

ブルーマンデーというものがありました。

これは本を読んで「たしかに~!」「睡眠とやる気って関係しているかも!」と強く思えた部分で、

よく日曜日の夜眠るときや月曜日の朝起きたとき

「明日から仕事始めか~」とちょっと暗い気分になったり、

「今日から月曜か~」と週初めなのにテンションが下がってため息・・・・・・

なんてことありますよね。

やる気が下がる直近の行為として「眠ること」があるのですから、

やはり「やる気」を制御するには「睡眠」がカギになる、という理論には

納得せざるをえませんでした。

 

 

文章や単語は結構専門的なのが多い印象で、

「これ、一般向けか?」

「装丁のとっつきやすそうなイメージとはちがって、難しいな」

といった感じでしたが、

理論やメソッドはすごく単純。

そこが受けてベストセラーになったのかも、というのが改めての感想です。

 

たとえば、

「朝5分―光の法則」=朝起きがけ窓際に行って5分光を浴びる

「昼5分ー負債の法則」=仮眠をとる、もしくは5分間目をタイミングよくつむる

「夕方5分―体温の法則」=寝る1時間前に軽いストレッチをして深部体温を上げる

これがメソッドになります。

こんな簡単なことをするだけで、睡眠の質はぐんぐん上がるのです!

 

睡眠の基礎知識をえるには少し難しいかもですが、

単純に「眠りの質を上げたい!」「やる気を上げたい」

   「モチベーションを高めたい!」

という人にはお勧めです。

 

簡単に実行できるけれど、ある意味読み応えのある1冊、

そんなふうに思えた本でした。