読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRISIRI’s diary 大人の読書感想文。

一応出版関係の仕事をしているので徒然なるままに本を読んだり、なんかしたりしたことをゆる~く書いてまいります。

ベストセラー作家の先生から大絶賛のコメントいただきました!!

自分企画 睡眠本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

スタンフォード式 最高の睡眠』ですが、

なんだかすごいことになってきそうでして、

『読んだら忘れない読書術』著者の樺沢紫苑先生にお読みいただきまして

めちゃくちゃうれしいお言葉を書評で上げていただきました!!↓↓

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームラン本出ました!!

f:id:SIRISIRI:20170303093944j:plain

 

スタンフォード式 最高の睡眠』
サンマーク出版、西野精治著)

まず、睡眠研究の世界最高峰、スタンフォード大学の精神科教授が
日本人であることに驚きます。

睡眠研究の世界最先端で30年も睡眠研究を続けでいる、
睡眠の専門家、西野精治先生、初の日本語の書籍が
この『スタンフォード式 最高の睡眠』です。

最新の研究を含めたエビデンス(医学的証拠)の数々。
そして、「最高の睡眠」を得るために「何をするべきか(ToDo)」が
具体的に解説されています。

睡眠について、「ここまで解明されている」
という最先端を読みものとして楽しみつつ、
最先端の医学情報に基づく「正しい睡眠法」を学べる。
一石二鳥の非常に満足度の高い一冊になっています。

私がおもしろい!と思った気づきをいくつかピックアップします。

ショートスリーパーは、「時計遺伝子」に変異がある。
 その遺伝子を持たない人が、ショートスリーパーを目指すのは、全くの間違い。
 健康を害したり、パフォーマンスを低下したりと、デメリットが大きすぎる。

# 睡眠は、最初の90分が最も重要。最初の90分の睡眠が乱されると、
 その後の睡眠は計測不能なほどズタズタになる。

# 睡眠は、質か量か? 睡眠は「質」が重要であるが、
 最低でも6時間以上眠るのがベスト。

# 深部体温が下がると深い質のよい眠りが得られる。
 そのために一番いいのは、就寝90分前の入浴。

# 朝に覚醒度を上げないと、夜の深い睡眠は得られない。

# 朝の「裸足」。足裏からの冷たい刺激で、覚醒度が上がる!

などなど。

私も睡眠の情報はそうとう集めていますが、それでも知らない最新の論文などが、
多数紹介されいていて、読み応えバッチリです。

この本は、「現在、ぐっすり眠れない人」や「睡眠時間が、十分に得られない人」
が読むと目覚ましい効果が得られます。

しかし、一番、読んで欲しいのは、
「現在、ぐっすり眠っているけども、さらに睡眠の質を改善して、
 日中の仕事のパフォーマンスを圧倒的に高めたい人」
に特にお勧めします。

私自身もこのパターン。

「就寝90分前の入浴」「朝の裸足」など、今までやっていなかった、
睡眠によい生活習慣を今日から取り入れて、
さらにぐっすり眠り、毎日完全回復して、
今まで以上の仕事パフォーマンスを実現したいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ホームラン本」というお言葉、本当にうれしく思います。

じつは、精神科医でもある先生に「ホームラン本だ!」といってもらうことを

イメージしてつくっていたので、

まさにそういっていただけて、昨日は終始にやにやしておりました。笑

 

様々な方からうれしいコメントをいただいている本書。

ぜひぜひ、一度手に取っていただければ、

きっと「へええええ!!!」となること間違いなしだと思いますので

よろしくお願いいたします!!!

 

☆Amazon睡眠部門第1位!ランキング急上昇中『スタンフォード式 最高の睡眠』

www.amazon.co.jp

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』またまた重版&Amazon1位獲得!!

自分企画 睡眠本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

一昨日配本となりました

スタンフォード式 最高の睡眠』。

 

配本当日に重版がかかったことを

先日記事に書かせていただいたのですが、

 

本日またまた重版が決定いたしました!

これで、4刷りとなります!

本当にうれしいです!!!

 

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

また、Amazonさんの「睡眠部門」において

早速1位を獲得!!

f:id:SIRISIRI:20170302100202p:plain

 

順調に多くの方に手に取っていただいているようで

本当に嬉しく思います。

 

早速レビューも一件、書いていただいておりまして

すごくうれしいコメントでした!↓↓

 

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
誰もが人生の多くを費やす睡眠に関する本は最近は多く出版されています。

私自身も睡眠がしっかりと取れるかどうかで翌日の仕事のパフォーマンスが大きく左右されるという認識があり、そのため色々と睡眠関連の本は読んできました。
しかし、今までの本は、睡眠に全く関係のない人が個人的な経験からアドバイスをしている本ばかりで信用できませんでした。
中には、睡眠の研究をされている方が書いている科学的な本も1,2冊ありましたが、それらは内容が難しすぎて素人の私が読むには辛いものでした。

それに対して、この本のすごいのは、睡眠の研究でスタンフォードで教授をしている日本人の先生が自身がされてきた色々な研究を元にとてもわかり易く説明してくれており、また、それを実際に日常生活に活かせるようにアドバイスをしてくれているところです。

大型書店の入口正面に飾られているのを見つけ、購入したその日に最後まで読み終えました。

本当におすすめです。少しでも、睡眠に関心がある方は買って損はしないと思います。

 

スタンフォードだから知り得た驚きの新事実満載で、

かつ「どうすべきか」の部分もしっかり書いていただいた

渾身の1冊になっております。

 

ぜひぜひ、手に取ってみていただければ幸いです!!

 

☆Amazon1位獲得!!『スタンフォード式 最高の睡眠』↓↓

https://www.amazon.co.jp/スタンフォード式-最高の睡眠-西野精治/dp/4763136011

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』発売即重版!!

ビジネス本 自分企画

こんにちは、SIRISIRIです。

 

昨日配本になりました、

スタンフォード大学医学部教授で、

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野先生による初著書、

スタンフォード式 最高の睡眠』

 

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

本日から、どんどん書店さんに並んでいくかと思いますので、

ぜひぜひよろしくお願いいたします。

 

そして、早速ですが

重版が決まりました!!

 

初日の勢いよく、

2刷り3刷りをかけられることになりました!!

 

「重版をかけられる」というのは本当に嬉しいことで、

まずは「ほっとした~」というのは本音の感想です。

 

個人的には、この本をつくっている間、

ずっと「10万部!!」という目標を頭の中で反芻していました。

 

10万部にたどり着くまでにはハードルがいくつかあり、

 

重版→3万部の壁→5万部の壁→7~8万部の壁→10万部

 

といった感じでしょうか。

 

今日の重版で、

まずは「最初の一歩」を踏み出せたかな、というところです。

 

個人的にも、

自分史上最高傑作だと自負しておりますし、

睡眠本を徹底研究しまして

どの本にも負けていないと確信して世に送り出した1冊です。

 

徹底的に「科学的エビデンス「新しい睡眠データ」にこだわり、

精神論は一切抜き。

今日の夜から始められること

なんなら今(日中)から「ぐっすり」のためにできることを、

睡眠研究の世界最高権威に余すことなく語っていただいております。

 

「ぐっすり」が手に入るだけでなく、

読んでもおもしろい、「へえ~~」が止まらないこと間違いなしの1冊ですので

ぜひぜひ書店さまで見かけられたときはよろしくお願いいたします!!

 

 

 

☆『スタンフォード式 最高の睡眠』全国書店様にて発売中!!

 Amazonページはこちらから↓↓

www.amazon.co.jp

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文59『採用基準』

ビジネス本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

本日は、2012年に刊行され、

10万部を突破したビジネス書を取り上げたいと思います。

 

著者さんのバックグラウンドにあるのは、

いまやその名を冠にした本がたくさん出ている

あの有名コンサルティング企業。

 

そんな企業で上にどんどん昇っていく人は

どんな働き方を心掛けているのか――

そんな「マインド」を中心に、

これから「必要とされる人」になる方法について

書かれていた1冊です。

f:id:SIRISIRI:20170226210607j:plain

 

『採用基準』

(伊賀泰代さん著、ダイヤモンド社

 

マッキンゼーで人材採用を担当されていた著者さんによる

「必要とされる人は、なにをしているのか?」について

マッキンゼーのお話を軸に展開していく本になります。

 

タイトルに「マッキンゼー」とつく本は、

書店さんにいくと本当にたくさんあるのですが、

やはり「マッキンゼー」という名前は

それだけで「なにかすごそうなことが書かれていそう」と思えてきます。

 

そんなマッキンゼー本」の先駆けともいえる本書。

マッキンゼーで活躍している人はどんな人なのか、が余すことなく語られています。

 

マッキンゼーに入るくらい頭がよい人は、

 きっとずば抜けて頭がいいんだろうな~」と思われがちなのですが、

著者はここに「誤解」があるといいます。

 

マッキンゼーが求める人材は、「問題解決能力」が高い人ではなく、

「考えることが好きな人」であり、

「この人はどんな考え方を、どれくらいしているのか?」

を面接時にはみているといいます。

 

これは「地頭力」ともちがうそうで、

”「頭の中から、解放という知識を取り出すこと」と

「考えること」がまったく異なる行為である”

とのこと。

 

著者さんは、さらに「思考力」についてこう続けます。

「思考力」=「思考スキル」+「思考意欲」+「思考体力」

という図式である、と。

 

よく言われる「問題解決能力」は、この式でいうところの

「思考スキル」。

この能力が高い人が企業からは重宝されると思われがちですが、

このスキルは、入社してからトレーニングでいかようにも伸ばせるとのこと。

 

それに対して「思考意欲」と「思考体力」は一朝一夕では磨かれません。

なので、「どれだけ粘って考えられるか」マッキンゼーの採用では非常に大事にされている要素とのことでした。

 

思考力と並んで本書で取り上げられているのが

「リーダーシップ」

 

「リーダーシップ」は一部の人にだけ必要なものではなく、

また、「部長」や「係長」といった役職にも関係のない、

すべての人にとって必要なスキルである、と著者さんは語ります。

すべての人がリーダーシップをとったからといって、

ミーティングがとりとめのない結末になることはなく、

むしろ成果は必ず上がる――

そんな「リーダーシップの磨き方」についても熱を入れて本書の中盤以降では説かれています。

 

科学的なエビデンスではなく、

著者さんの経験的エビデンス

そしてマインド(考え方)が話の土台にはなっていますが、

それでも説得力は十分。

逆にいうと、特別なことをしたり才能があったりする必要はないと、

背中を押してくれます。

 

世界で活躍する人は、どんなことを大事にしているのか―ー

そんな「必要とされる」人についてあますことなく書かれている本書、

オーソドックスなビジネス書としても、読まれていない方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

☆本日配本!!『スタンフォード式 最高の睡眠』

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

徒然なるまま感想文58『サピエンス全史(上)』

洋書 心理

こんにちは、SIRISIRIです。

 

 

今日も、「最近のベストセラー読書」の中から1冊、

ある本を取り上げたいと思います。

 

今回の本も翻訳書で、海外では何か国にもわたってベストセラーランキング入り。

なんでも48か国で刊行されているのだそうです。

アメリカのAmazonドイツのAmazonでもベストセラーとなっていたのを覚えています。

 

日本では昨年の9月に刊行となったようですが、

テレビでの紹介がきっかけで現在24万部まできているようです。

 

おそらく、このブログで取り上げるのは初めてとなる本書。

とても読み応えのある、とっても頭が賢くなりそうな本でした。

 

f:id:SIRISIRI:20170225231344j:plain

 

『サピエンス全史(上)』

(ユヴァル・ノア・ハラリさん著、柴田裕之さん訳、河出書房新社さん)

 

いままで取り上げた中では

いちばんハードな本ではないかと思います。

 

「内容が固め(まじめ系)」とはいえ、

「難しい」「文章が読みづらい」「わからない」といった難点は

一切ありませんでした。

 

むしろ、「これだけ難しそうなことを言ってるのに、わかりやすい」

とさえ感じたほどです。

 

著者さんは、イスラエル出身の歴史学者で、

イスラエルヘブライ大学で歴史学を教えているという方。

 

「サピエンス」という言葉が示すように、

「人類はどこからやってきて、どのようにして現在の生活に落ち着いたのか」

といったことを歴史や文化を大観しながら追及していく、というのが大まかなあらすじです。

(上巻は読んだのですが

下巻はまだ読めておりません。。。)

 

ど真ん中の人文書なので、なかなか自分事にはしにくい部分が多いのですが、

「なるほど~」「そうだったのか~」と勉強になったり、

過去だけでなく、「これからの歴史」について考えさせられる一文があったりしました。

 

・歴史上の定着は、すべては物語を語ることと、人々を説得してその物語を信じさせることにかかっていた

歴史上の数少ない鉄則の一つに、贅沢品は必需品となり、新たな義務を生じさせる

・実際には、「自然な」と「不自然な」という私たちの概念は、生物学からではなくキリスト教神学に由来する。

 

何千万、何億という人を動かそうと思ったらなにが必要だったのか――

それは、「物語」であり、「神話」である、と著者は語ります。

人々が「共通の事を思う」ことでこそ、階級が生まれ、システムが生まれ、そして大勢の人のベクトルが同じ方向にそろって動き出すのだ、と。

 

これは、本書の中盤の語りでして、

序盤は「サピエンスのルーツはどこにあるのか?」といったところが中心に語られています。

 

非常に読みごたえはあるのですが、

それでも読みやすくベストセラーになった本書。

 

「少しハードルが高めの本に挑戦したい!」という方はぜひ

お読みいただければ、と思います。

 

☆2月27日(月)配本!『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazon事前予約受付中!!

Amazon CAPTCHA

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

世界一の睡眠研究所は、スタンフォードにあった!

自分企画 睡眠本

こんにちは、SIRISIRIです。

 

来週頭、2月27日(月)に配本となります

スタンフォード式 最高の睡眠』

 

以前にもチラッと書いたのですが、

「配本日」というのは本が出版社から取次会社さんに卸される日のことなので、

実際に書店さんの店頭に並ぶには

都心であればすぐ、地方にいけばいくほど5~7日かけて到着する

という感じです。

 

先日、無事見本が届きましたー!!!

f:id:SIRISIRI:20170223101024j:plain

 

f:id:SIRISIRI:20170223100955j:plain

f:id:SIRISIRI:20170223101031j:plain

 

本をつくっていて、「嬉しいとき」というのは、

 

企画が通ったとき

著者さんから「OKをいただいたとき

おもしろいお話を聞けたとき

カバーのデザイン案を見たとき・・・

 

などなどいろいろあるのですが、

この「本が形になったとき」のうれしさもまた、格別です。

 

書店さんに置かれたとき、この子がどんな見え方をするのか、

今から楽しみでなりません。

 

今回の本は、本当に自信作で、

凝縮していうと

「世界No1の睡眠研究者による、科学的エビデンスに基づいた

 睡眠本の決定版!」

といった感じでしょうか。

 

「『自分の睡眠に満足している』と答えられる人は非常に少ない」というデータが指し示す通り、「睡眠不足」や「疲れが取れない」といった疲労感は誰しもが抱える問題。

だからといって、「睡眠時間を今より長めにとる!」というのも難しい話ですよね。

 

そんな悩みや疑問を、睡眠研究の世界的権威・西野先生にぶつけたのが本書になります。

 

「世界最高の睡眠研究機関は?」と聞かれると、

スタンフォードと答える学者さんは非常に多いそうです。

 

というのも、睡眠を調べる研究機関を世界で初めて創ったのは「スタンフォードで、

そこから世界の睡眠研究は進んでいったのです。

 

「有名な睡眠研究者は一度は在籍するところ」としても知られていて、

そのトップを務めているのが、日本人である西野先生なのです。

 

世界最高の睡眠研究所には、

世界最新の睡眠データが集まってきます。

そのデータに基づいて判明した驚きの新事実を明らかにし、

そこから導き出される「究極の疲労回復最強の覚醒」をもたらす

眠り方を伝授する一冊。

 

ぜひぜひお読み頂ければ幸いです!!

 

☆もうすぐ発売!『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazonにて予約受付中↓↓

スタンフォード式 最高の睡眠 | 西野精治 |本 | 通販 | Amazon

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徒然なるまま感想文57『人生を変えるモーニングメソッド』

ビジネス本 洋書

こんにちは、SIRISIRIです。

 

今日は、「最近のベストセラー」読書の一環として、

つい最近出たばかりのある1冊を紹介したいと思います。

 

「最近出たばかりなのに、なぜベストセラー?」と思われたかも知れませんが、

じつは本書、翻訳本で、アメリカではすごい売れている本なのです!

それも、ちょっと変わったバックグラウンドを持っている本でして・・・

 

これから話題になるかも?な、日本に上陸したてな本を取り上げたいと思います!

f:id:SIRISIRI:20170222094421j:plain

 

『人生を変えるモーニングメソッド』

(ハル・エルロッドさん著、鹿田昌美さん訳、大和書房さん)

 

帯に「世界20ヶ国で大流行!」と書いてあるように、

海外(とくにアメリカ)では話題になっている本書。

原書のタイトルは『THE MIRACLE MORNING』で、

その売れ行きは翻訳書担当者の間でも話題になっていました。

 

というのも、

じつはこの本、自費出版(Self publishing)でして、

自費出版本で20万部を突破した本がアメリカにある!」

ということで注目を集めていたのです。

 

それが大体、昨年の春~5月くらいだったでしょうか?

「どこの出版社さんが権利を買ったんだろう?」

「どんな内容なんだろう?」

と翻訳版が出るのを楽しみにしていたところ、

一昨日偶然書店さんで発見、迷わず購入してみました。

 

で、気になる内容ですが・・・

ものすごーく個人的な感想として述べさせていただくと、

「よくある自己啓発本かな~」

というのが正直な感想でした。

 

「朝、早く起きれば人生は変わる!」

「瞑想やアフォメーションで人生は変えられる!」

「”どうなりたいのか”、”なぜそうなりたいのか”をまずはつきつめて考えよう!」

といったことが書かれていたのですが、

精神論ベースで、科学的エビデンスがやや不足気味に感じました。

(もちろん、著者や周りの人の成功体験という「体験というエビデンス」はあります)

(あと、お決まりのように「マインドフルネス」についても言及されていたのですが

マインドフルネスもかなり言い尽くされていて、大ブームにはなっていないけど、新鮮みがなくなってきているようにも感じています)

 

「最高の自己啓発タイムは朝」

というのも何となくこれまでにも言われていたことだったので、

「この本が売れた背景には、なにか朝の新たな効用が科学的に見つかったからなのかな」

と思っていたのですが、どうもそういうことではないようです。

 

ただ、文体自体は非常に読みやすく、

著者の「体験」もなかなかユニークでオリジナリティあるものでした。

 

「ど真ん中な自己啓発書」であることは間違いありませんので、

自己啓発書が好きな方は、海外での売れ傾向を体感する意味でも

手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

☆3月初旬発売!『スタンフォード式 最高の睡眠』Amazonにて予約受付中↓↓

http://amzn.to/2lqSE83

f:id:SIRISIRI:20170222114825j:plain